光彩会の介護施設・保育所の採用求人情報

はたらく人を知る

INTERVIEW04

小野寺大輔

4年目
特別養護老人ホームみちみち大宮 所属
初任者研修 介護福祉士
藤仁館医療福祉カレッジ卒

  • ■ この仕事を選んだ理由について
    ある時、介護問題のニュースを目にすることがありました。「介護の世界はどんな世界なんだろう」と、介護の仕事に興味を持ったのはそれからです。
    私は、介護職に就くまではいろんな接客業をしてきました。実は昔から年上の方と話すのが好きで、バイト先なら先輩と、自宅では自分の祖父母と、同級生よりも目上の人と接することが多かったんです。
  • 介護の仕事も接客業。だから、これまでの経験も活かせるし「やりがいを持てるのではないか」と、専門学校を出て、働いてみることにしました。

    働いてみて思った、この仕事の一番の魅力は、一人の人の人生に寄り添って、最後まで見届けてあげることができる点でしょうか。「ああしておけば」「こうしておけば」と悔いの残ることはありますが、それでも最後まで看取って、家族の方から感謝の言葉をいただいたりすると、心に来るものがあります。
  • ■ プライベートとの両立について
    私は夫婦共働きなのですが、自分が協力できることは率先してやるようにしています。最初はうまくいかないこともありましたが、今ではスムーズに共同生活が送れるようになりました。

    仕事ではいろんなことがありますが、家ではそれらの話はしないようにしています。いつまでも引きずってしまうと家庭でもいい影響がないからです。でも家庭があることがいい切り替えのスイッチになって、仕事とのON-OFFをしっかり付けられるようになりました。
  • ■ 就活生へのメッセージをお願いします
    介護の世界へ行こうと決まっている人もいれば、悩んでいる人もいると思います。私もそうでしたが、まずは、自分の今の気持ちを大切にしてください。

    どんな仕事をしていても、自分が積み上げてきたものは裏切りません。結局、今の仕事に活きています。だから、介護の仕事に対して「ちょっとやってみたいな」と、興味があるなら、やってみましょう。もし、将来違う道へ進むことになっても、その経験はきっと役立ちます。挑戦してほしいです。